一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 北海道支部



会員研修

HOME » 札幌市「カウンセリングの学びを深める②」~適応問題を理解するための知識・理論~ <5ポイント>

札幌市「カウンセリングの学びを深める②」~適応問題を理解するための知識・理論~ <5ポイント>

募集中

【先生から研修のご紹介】

※新しく開講が決定した講座です。

真に力のある産業カウンセラーになるためには、長期にわたって研鑽を積むことが必須です。養成講座における勉強はその入り口にすぎません。養成講座で傾聴技法の基本を学ぶことだけでは、実際の心理カウンセリングを行うことはほとんど不可能です。より実践的な知識と技能を身につけていくことが必要です。2017年度の会員研修「カウンセリングの学びを深める①~③」は、養成講座を終了後数年の方々を主な対象として企画されていますが、それ以外の会員の方々にもぜひ参加していただきたいと思います。

こちらの研修は、最少催行人数10名に満たない場合は中止となります。

◆第2回:適応問題を理解するための知識・理論
「カウンセリングの学びを深める②:適応問題を理解するための知識・理論」では、心理的適応問題を理解する枠組みや基本概念について解説し、また産業カウンセラーが出会う可能性があるいくつかの適応問題のとらえ方についても学んでいただきます。
いずれの講義においても、具体的な事例を取り上げて、分かりやすい学習を目指したいと思います。

【清水信介(しみずのぶすけ)先生 トポス心理療法オフィス所長】のプロフィール
 北海道大学文学部哲学科(心理学)を卒業。日本国有鉄道労働科学研究所の研究員として約10年勤務。心理検査の開発、カウンセリングとエンカウンター・グループの研究・実践に従事。
 その後北海道に戻り、大学教員として室蘭工業大学、札幌学院大学、北星学園大学などに勤務。この間、臨床心理学を学ぶ学部学生、大学院生の教育指導に当たるとともに、心理臨床家として心の悩みを抱える人々に対する相談援助を行う。また、大学外での活動として、1996年から現在まで、日本産業カウンセラー協会(北海道支部)の産業カウンセラー養成において講師およびスーパーバイザーとして指導に当たっている。
 専攻は臨床心理学(心理療法)で、ユング心理学に基礎を置く立場で心理療法(カウンセリング)を行っている。所属学会は日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会、日本描画テスト・描画療法学会、日本思春期青年期精神医学会等。

科 目 札幌市「カウンセリングの学びを深める②」~適応問題を理解するための知識・理論~ <5ポイント>
日 時 2017年9月30日(土) 10:00~17:00 (6時間)
場 所 北海道支部会議室
講 師 清水信介先生(トポス心理療法オフィス所長)
定 員 30名
会員受講費用 6,000円
申込締切 2017年9月16日(土)

お申込み方法

FAXまたは郵送でお申込の方はお申込用紙をダウンロードして下さい。

お申込用紙はこちら

必要事項を明記の上、FAXまたは郵送でお送り下さい。

FAX番号:011-209-7011 住所:〒060-0004 札幌市中央区北4条西7丁目1番地5 札幌ホワイトビル3階

WEBからのお申込み

以下のボタンをクリックしてお申込ください。非会員の方は「個人情報規約」をよくお読みいただき、ご同意のうえお申し込みください。

Webお申込みはこちら

 

各種お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にお問い合わせください。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 北海道支部

アクセス

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 北海道支部

〒060-0004
札幌市中央区北4条西7丁目1番地5
札幌ホワイトビル3階

電話 011-209-7000  FAX 011-209-7011

ページトップへ